絵本コース Sunday

毎週日曜日 16:00~18:00
2021年6月~2022年3月
全33講座 定員24名

基本的には、対面での授業になりますが、オンラインでの受講も可能です。
状況次第により、オンライン授業に切り替えますので、オンラインでの受講が可能な環境のご準備をお願いいたします。

先の見えない不安定な時代であっても、子供たちに、楽しい夢や希望を与えることができる絵本が必要とされています。この現代に生まれて成長していく子供たちの心に響く、夢のある絵本を一緒に作りましょう。絵本作家やイラストレーター、絵本編集者が、どのように絵本作家になるのか、一冊の絵本ができるまでの過程などについて講義し、課題講評や実技を通してアイデアの出し方、ラフスケッチの作り方を学びます。


飯野和好
100%ORANGE[及川賢治 竹内繭子]
山口マオ(以上、イラストレーター)

石津ちひろ(詩人/絵本作家/翻訳家)
えがしらみちこ(絵本作家)
岡田千晶(絵本作家)
きくちちき(絵本作家)
北森芳徳(福音館書店 編集者)
木村真(学研プラス 編集者)
作田真知子(元福音館書店 編集者)
塩見亮(講談社 編集者)
シゲタサヤカ(絵本作家)
高畠那生(絵本作家)
立本倫子[colobockle](絵本作家/イラストレーター)
tupera tupera 亀山達矢(クリエイティブユニット)
土井章史(トムズボックス/絵本編集者)
松田素子(編集者)
三浦太郎(絵本作家/イラストレーター)
宮西達也(絵本作家)
やぎたみこ(絵本作家)
山縣彩(フリーランス編集者)
(敬称略)

img 講師:山縣彩
絵本の仕組みについて。資料を見ながら、リズム、カメラワーク、動きのプラン、構図など絵本作家がどのように読者を惹きつけようとしているかを学ぶ。
img 講師:きくちちき
講義「絵本制作について」。初期の手作り絵本やラフスケッチ、原画を見せていただく。
img 講師:三浦太郎
実技「紙を切ったら何になる?」。切り絵で動物自画像を作る。キャラクターにリアリティを持たせるにはどうするか、そこからお話を作るならどんな展開になるかを考える。。
img 講師:石津ちひろ
課題「回文またはアナグラムに絵を添える」。絵本の文章の特徴や作り方について学ぶ。
img 講師:土井章史
オリジナルラフの講評。子供が喜ぶ絵本、楽しめる絵本はどういうものか、子供の視点から絵本を作ることを学ぶ。
img 講師:木村真
課題「ハロウィンをテーマにした絵本ラフ」。 時間の経過をどう表現するか、ページ割りや構成といった「15見開きの使い方」についても。
img 講師:松田素子
講義「絵本を商業出版するために」。地力をつけて、長く活躍するための心がまえ。オリジナルの絵本ラフの講評も。
img 講師:飯野和好(生徒作品)
課題「絵本の登場人物を描く」。それぞれの登場人物の設定や関係性、ストーリーを発表しながらの講評。
img 講師:高畠那生
お話の作り方、ラフの構成についての講義と実技。自分の好きな絵本の構図を写してラフ作りの練習も。
img 講師:作田真知子
課題「『さかな』をテーマに絵本ラフを作る」。与えられたお題からお話を作ってみる。